ドコモ光10g料金|一番得するプロバイダ|

結局のところどこが一番最強のプロバイダなのか?

これからドコモ光を使おうか悩んでいる人は、せっかくなら回線が速くて安定していて実質月額料金が安いところを選び抜きましょう。

当サイトでは、光回線のサイトやモバイルWi-Fiのサイトを長年にわたって運営してきた私が、あらゆる切り口からドコモ光のプロバイダーを比較検証しています。

ドコモ光の中で一番最強のプロバイダーはどこなのか、月額料金の安さや、キャンペーンの豊富さや、確実に受け取れるキャッシュバックなどから比較していきたいと思います。

キャッシュバックの額だけにつられて、結局申請が面倒で受け取れなかったということにならないように、当サイトの情報を参考にしてください。

ドコモ光で最強のプロバイダはなんといっても「GMOとくとくBB」

ドコモ光の一番得するプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」でしょう。

大量にあるプロバイダの中でなぜGMOとくとくBBが一番得するのかといえば、確実にもらえるキャッシュバックや、月額が安くなるキャンペーンの豊富さ、回線の安定性などが口コミでピカイチだからなんです。

ちなみに、ドコモ光と契約するときはプロバイダではなくて代理店から契約するのはやめておきましょう。

なぜ代理店がおすすめできないのかというと、キャッシュバックまでの時間が半年とか1年とかそういうレベルだからです。

詳しいことは当サイトで解説しています。

GMOとくとくBBに申し込むときは、キャッシュバックの手続きが簡単な次のページから申し込みましょう。

ドコモ光のプロバイダを変えると何が変わるのか?

ドコモ光のプロバイダを変えると具体的に何が変わるのかを見ていきましょう!

光ファイバ自体はドコモ光だったとしても、プロバイダを変えることによって以下のような箇所が変わってきます。

回線の月額料金、ダウンロードスピード、端末が無料かレンタルか、キャッシュバックの金額など。

どういった基準で選べばいいのか一つずつ見ていきたいと思います。

選び方1 毎月の料金が安いタイプかどうか

まずそもそも、ドコモ光はプロバイダによって月額料金が変動します。

料金が数百円高いタイプBと安いタイプAがあります。それぞれの対応プロバイダは以下になります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

実は上記のタイプの違いというのは、プロバイダ各社とドコモがどういう契約をしているかによるだけなのです。

どのタイプを選んでも最高速度や安定性などは変わらないので、高いプランを選ぶ利点はほぼありません。

タイプAの方が数百円安いのですが、1年、2年という長期スパンで考えると何千円もの違いになるので、安い方を選びましょう。

上記にはないタイプのプロバイダでも契約できますが、月額料金はもっと高くなるのでおすすめしません。

選び方2 回線が安定しているかどうか

選び方の2つめとしては、回線の品質がいいか悪いかをチェックするという方法があります。

そもそもドコモ光の最高速度というのは最大で1Gbpsとなっていますが、これはベストエフォートといって理想的な数値に過ぎません。

光回線の本当の速度を知るためには、実際に使っている人の回線速度を調べるのが一番手っ取り早いですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上記の一覧表のように、プロバイダ如何によってはこんなにもスピードに開きがでてしまうのです。

これはv6プラスという最新の規格に対応しているプロバイダと、対応していないプロバイダの違いによるものです。

また他にも、レンタルしている端末の違いや、プロバイダと自宅との距離などによっても回線速度が変わるので、できるだけ利用者の口コミを参考にするのがおすすめです。

選び方3 Wi-Fiルーターが無料かどうか

他には、ルーターが無料でレンタルできるプロバイダかどうかをチェックしましょう。

ゲームやスマホでも直接回線に接続しないで自宅のWi-Fiから接続している人が多いのではないでしょうか。

プロバイダによってはWi-Fiルーターの端末を無料でもらえるところと、自分で用意しないといけないところがあります。

Wi-Fiの端末を無償で貸し出してくれるところと自分で用意しなければいけないところには次のようなところがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

たとえばですが、ドコモネットではルーターをレンタルすることもできますが、330円のレンタル料がかかってしまいます。

もっといってしまうと、端末選びを間違えると回線の安定性が悪くて、接続できなかったりというトラブルに見舞われることもあります。

端末について詳しくわからないという人は、無料で端末をレンタルしているところを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックが高いかどうか

プロバイダ選びの4つめのポイントとしてはキャッシュバックがいくらもらえるかです。

プロバイダ各社のキャッシュバックを比較してみたのでご覧ください。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

これら以外のプロバイダで契約したとしてもキャッシュバックはもらえません。

どこのプロバイダを選択しても、ドコモ光の料金や最高速度は同じになります。なので、ドコモ光を契約するなら一番特典が豊富なプロバイダから選びましょう。

なおどこのプロバイダで契約したとしても、ドコモ光がやっている工事費無料特典は受け取ることができます。

ドコモ光の主なプロバイダを比較してみました!

ここまでのプロバイダの選び方4つを踏まえた上で主要なプロバイダを比較してみましょう。

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべての条件を満たしているのが「GMOとくとくBB」になります。安いタイプの料金で、回線速度も速くて安定していて、キャッシュバックも高額です!

最近のコロナでテレワークやオンライン会議など、安定的な高速インターネット環境というのはとても重要な要素になってきています。

インターネットをせっかく使うのであれば、回線速度が安定しなかったり、遅かったりというのは少なくしたいものですね。

一番おすすめのプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」です

ドコモ光のプロバイダの中で一番最強なのは、回線の速度が速くてキャンペーンなども豊富に行っている「GMOとくとくBB」です。

パソコンでWi-Fiを使いたい人も、高速通信のできるルーターを無料でレンタルしてくれるので、自分で用意する必要もありません。

GMOとくとくBBは公式サイトから申し込むことにより高額キャッシュバックなどの特典を受け取ることができます。

GMOとくとくBBのメリット3つ

メリット1 スピードが安定していて速い!

GMOとくとくBBでは、実際のお客さんの回線スピードを毎月公開していて、最近のでいうとダウンロードスピードが平均で約340mpbsくらい、アップロードスピードが平均で300Mbpsくらいとなっています。

GMOとくとくBB以外のプロバイダを見てみると、ここまでリアルな数値を後悔していないので、GMOとくとくBBは相当な自信があるということが見てうかがえますね。

他にもいろいろなサイトの口コミ情報を見てみると、700Mbpsを超えている人もたくさん見受けられました。

他のプロバイダよりもこんなにも早いのかGMOとくとくBBに直接聞いてみたところ、設備にかなり投資しているようです。

他にも、プレステやスイッチなどのゲーム機でも快適に使えるという口コミがたくさん寄せられています。

快適につながるネット環境は欠かせませんよね。実際に楽しんでいる口コミが多いと信頼感が抜群にあります。

メリット2 高性能な高額のWi-Fiルーターを無料レンタル!

GMOとくとくBBでは通販で購入すると万単位のルーターを無料でレンタルしてくれます。

また、このルーター端末は初期設定が完全に終わった状態で発送されてくるので、USBやACアダプタなどをつないだらすぐに使うことができます。

パソコンの設定などに詳しくないという人は、このサービスはとてもありがたいと思います。

ドコモ光の工事日程が決まると、Wi-Fiルーターの手続き案内が届きます。

光回線の工事が終わったらすぐに使えるように、ルーターのSMSが来たらすぐに手続きをしておきましょう。

メリット3 オプション条件なしで2万円のキャッシュバック

ドコモ光をGMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込みをすると、オプションがなくて2万円のキャッシュバックを受け取ることができます。

2万円もらえるプロバイダといえば、@niftyもありますが、こちらは、スカパーなどいろいろなオプションをつけてこそもらえるものなので、GMOとくとくBBがどれだけお得かがわかりますよね。

たとえばキャッシュバックがギフト券やポイントだったりするところもありますが、こういうところはそのお店でしか使えないので利便性が悪くて、現金でのキャッシュバックがもらえるプロバイダが一番おすすめです。

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額の高さだけではなくて、振り込みまでも早いですし、商品券などではなくて現金なので、何もかも優れています。

GMOとくとくBBのデメリットとは?

デメリット1 回線速度が遅くなるときもある

回線速度が超高速だと有名なGMOとくとくBBですが、たまには遅くなってしまうこともあります。

固定回線だけではなくて、モバイルルーターなども、自宅の周辺環境などに大きく影響を受けるので、ある程度の理論値はわかっても、本当の実測値というのは使ってみるまでわからないものです。もちろん不具合ないスピードは保証されています。

ですが、光回線を選び抜いて、プロバイダを選び抜いて、工事の時間をさいて、せっかく導入したわけですから、遅いのは避けたいですよね。

ネット回線を使っていてたまに遅くなってしまったら、v6プラスに切り替わっているかを調べてみましょう。

GMOとくとくBBの光回線がなんか遅くなってしまったな…とか、接続が途切れるようになってしまったな…と感じた場合は、とあるサイトにアクセスしてv6プラスで光回線に接続されているかどうかを確かめましょう!

v6プラスというのは、GMOとくとくBBから無償でレンタルしているWi-Fi端末を持っていればつなぐだけで使うことができます。

v6プラス接続で使っているユーザーの口コミなどを参考にしてみると、実際に変えてみたらかなり早くなったという口コミが多数寄せられています。

上記のチェックサイトでv6プラス接続が確認できたのにもかかわらず、回線速度が遅いままだった場合はWi-Fiルーターの端末を電源を入れ直してみましょう。

デメリット2 キャッシュバックの申請に注意が必要

GMOとくとくBBは、光回線が開通後4ヶ月目にキャッシュバックの申請ができるメールが送られてきます。

ですが、このキャッシュバックの案内メールが届くのは、いつも自分が使っているメールではなく、GMOとくとくBBを契約したときに登録したメールアドレスになります。

ちなみに、キャッシュバック申請メールは自分でメールを見に行く必要があります。

なので、GMOとくとくBBのキャッシュバック申請通知メールが4ヶ月後に来るということをスマホのスケジュールなどにいれておいて忘れないようにしましょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバック申請手続の期限は翌月までとなっているので、メールが届いたら早めに申請を完了させてください。

プロバイダだけを変更する手順

ドコモ光のプロバイダ変更方法や費用を確認しておきましょう。

もしもプロバイダが自分にあわなかったときは、次の手順で変更が可能です。

1,電話でカスタマーセンターに変更を申し込む

2,書類が送られてくる

申し込みからプロバイダを切り替える日数は最短で1週間くらいです。希望日があるのであれば自分で申し込むこともできます。

なお、ドコモのお客様センターはドコモの携帯から151ですぐに接続することができます。

カスタマーサポートが混み合っているときは、ドコモの公式サイトから電話の予約を入れることができるので活用してみてください。

プロバイダを変更すると事務手数料として約3000円かかりますが、この3000円は翌月のドコモ光の月額料金から引き落とされます。

ドコモ光で一番最安のプロバイダとは?

ドコモ光のプロバイダは山ほどあって本当に優秀なプロバイダを選ぶのに苦労している人は多いのではないでしょうか。

回線を選ぶ時はプロバイダがとても重要になってきて、プロバイダ一つで何万円も得したり損したりします。

数あるプロバイダの中でも、とくに高額なキャッシュバックがあって、月額割引もあって、回線スピードも安定性も抜群なのが、「GMOとくとくBB」です。

このサイトでは光回線を知り尽くした管理人の私が、ドコモ光で最強クラスのプロバイダを厳選してお伝えしているので、ドコモ光の導入を検討している人は是非参考にしてみてください。

当サイトを一度読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダで一番得するところがわかっていただけると思います。

ドコモ光のプロバイダ選びのポイント!

まずは自分にとって一番合っているプロバイダを選び抜くために知っておきたいポイントを解説していきたいと思います。

とはいっても、プロバイダを選び抜く前に基礎知識を身につけておく必要があると思います。

そもそもとして、プロバイダというのはネット世界に接続するための関門みたいになっていて、プロバイダを中継しない限りネットに接続することは不可能です。

プロバイダは光回線とセットになっているものがほとんどとなっていますが、プランによっては別々で契約できるものもあります。

また、プロバイダから光回線を契約することにより、今までよりも得するキャンペーンを受けられるパターンが増えてきています。

ドコモ光で選べるプロバイダには、GMOとくとくBB、DTI、ぷらら、ドコモネット、などなど多彩なラインナップがあります。

とはいっても、キャンペーンなどの特典の充実度は各社異なっていて、プロバイダ選びを間違えると大幅に損してしまう可能性もありますので慎重に選びましょう。

ポイント1 現金キャッシュバック

ドコモ光の公式サイトや、店舗から申し込むのではなくて、プロバイダのキャンペーンを通じて申し込むことにより、独自の特典を手に入れることができます。

一番高額のキャッシュバックを受け取ろうと思ったら、オプション条件が不要なところのキャンペーンを受け取れば最高額を手に入れることができます。

GMOとくとくBBのキャンペーンなら、2万円ものキャッシュバックをしていて、最高額の現金がもらえます。

ポイント2 基本料金が安いかどうか

ドコモ光のプロバイダは自分で選べるのですが、毎月の支払金額は3つのタイプにわかれていますが、Aタイプを選びましょう。

タイプAの方が安いからなんか質が悪いんじゃないかと勘ぐりたくなってしまいますが、実はこれはプロバイダとドコモとの契約料の違いなので、質自体には何の違いもありません。

ちなみに、単独タイプと呼ばれているプロバイダとセットじゃないプランでは、基本料金が安くなっていますが、プロバイダを自分で探す必要があるので別契約になり高くなってしまいます。

ポイント3 ルーターや機器の無料レンタル

ドコモ光のプロバイダの中には、ネット環境を楽しむためにも必須なWi-Fiルーター端末を無償で供与しているところもあります。

ルーターを光回線とセットすることにより、家の中ならどこの部屋からでもWi-Fiルーターを通して光回線に接続することができるようになるので、とてもメリットが豊富にあります。

ドコモ光のプロバイダの中には高級なルーター端末を用意しているところもあるので、持っているという人でも新しくしてみる絶好のタイミングなのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティの特典

プロバイダによっては無料のオプションとしてセキュリティソフトを無料で使わせてくれるところもあります。

無料でウイルス対策ソフトを使えるのは1年くらいなので、こういう対策を万全にしておけば快適な光回線が使えると思います。

ポイント5 回線のスピードと安定度

ドコモ光のダウンロードの理論値は1Gbpsとなっていますが、プロバイダの選び方を間違えると半減してしまうこともあります。

そもそもインターネットというのはエリアごとに基地局が設置されていますが、そのエリアごとにプロバイダの設備が設置されています。

なお、エリアごとに設置された利用者が多いほど混雑して回線が不安定になったりします。

混雑を回避する方法としては、v6プラスの接続方式をとっているプロバイダを使えばいいでしょう。

v6プラスという接続ならアクセスポイントが集中する箇所が発生しにくいので、回線がいつでも快適なハイスピード状態を保っていられるということになります。

以上、ドコモ光のプロバイダを選ぶコツを解説してきましたが、これらすべてを満たしているのが「GMOとくとくBB」なので、当サイト一番おすすめです!

ズバリ!一番お得なプロバイダはここ!

ドコモ光を契約するときにどのプロバイダが一番お得なのか、何個かのプロバイダを一覧表にしてみました。

v6プラスというのは、プロバイダの接続方式で、最新の接続技術なので高速で混雑しないようになっています。

自分が使っているエリアでプロバイダが混雑していると回線が不安定になりがちですが、そういったことがない接続方式となっております。

v6プラスを使っていて回線が遅いという口コミを見たことがないくらいの早さで、v6プラス方式を採用しているプロバイダがそういう意味でもおすすめです。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上の一覧表にあるように、GMOとくとくBBなどは2万円もの最高額の現金バックをしていて、他の面から見ても文句なしのスペックを誇っています。

なんとGMOとくとくBBは2万円の業界最高峰のキャッシュバックをやっているだけではなくて、無料でルーター端末をもらうこともできます。

なのでクオリティーがナンバーワンに高いプロバイダなのですが、端末がハイクオリティーなので最高速度が非常に速いということです。

GMOとくとくBBで無料でもらえるWi-Fiルーターの端末がどれくらい最高速度が出るのかを表したものが下記の一覧表となっています。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

上記の一覧を見てみると、GMOとくとくBBで無料でもらえるルーターが他のプロバイダのものよりダントツで早いですね。

ルーターの端末はすべて5Ghzと2.4Ghzを使用することができますが、それぞれで最高通信速度が変わってきます。

v6プラスという最先端の高速通信が使える環境にいるのであれば、端末機器も最新の超高速で通信できるものを使えば鬼に金棒ですね!

最先端の超高速端末を無料で手に入れられるのですから、GMOとくとくBBは他のプロバイダよりもすばらしいプロバイダだといえますね。

なので、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめです!

最強のプロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは東証一部上場のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、光回線を導入する場合はとにかく最強クラスにおすすめです。

GMOとくとくBBは光回線の本契約のみで2万円のキャッシュバックがもらえて、さらに次のようなキャンペーンもついています。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

上のような特典がたくさん付いているので、光インターネットを快適に使えると思います。

光回線を契約するときに公式サイトから申し込むと雀の涙ほどの特典しかもらえませんが、プロバイダを一つかませることにより、ありとあらゆるメリットを享受することができます。

たとえばですが、契約期間が2年間だったとして、キャッシュバック金額を2年間の総額から引くと、1ヶ月あたりの実質的な月額はかなり安くなると思います。

もしドコモ光公式サイトからキャッシュバックなしで申し込んだら月額がだいたい4500円くらいになり、GMOとくとくBBのキャッシュバックで割引をしたら3800円くらいになります。

GMOとくとくBBなら月額料金がかなり安く抑えられますし、通信速度も速くて安定していて快適に使いこなせます。

GMOとくとくBBなら、高速で混雑なく使えるv6プラスの接続ができて、最高速度が段違いな端末を無償でレンタルしてくれて、圧倒的にダントツでおすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBの場合は、光回線の速度が安定していて速いという口コミがかなり多く寄せられていて、なんと100Mbpsを下回ったらポイントがもらえるという特典もあります。

プロバイダを変えたいときの変更方法と注意点

ドコモ光を使っている利用者の方であるならば、プロバイダの変更について考えている人もいるかもしれませんね。

ここでは、ドコモ光のプロバイダを変更する時の注意点などについて解説していきたいと思います。

プロバイダを解約するときの金額

ドコモ光でプロバイダだけを変更する時は、以下のような手数料がかかるようになっています。

ドコモ自体の事務手数料が約3000円とプロバイダ自体の解約金や違約金など。

なお、単独タイプからタイプAまたはBへの変更は事務手数料がかかりません。

プロバイダの基本的なサービスの解約はドコモ光が代わりにやってくれます。

ドコモ光がメインの変更は代わりに代行してくれますが、オプションの解約は自分自身で行う必要があります。

カスタマーセンターに連絡して変更する

プロバイダの基本的なサービスであれば、以下のような方法で、ドコモ光に連絡するだけでプロバイダを変更することができます。

ドコモ光のプロバイダを変更する方法というのは、カスタマーセンターへ連絡するだけです。

しかし一つありまして、それはプロバイダを契約するときにオプションに加入している人は自分から連絡する必要があります。

プロバイダへの追加の連絡が必要かどうかは、ドコモ光に連絡するときに確認しましょう。

プロバイダを乗り換えると得をするのか?

プロバイダ自体の変更はすぐにできてしまうので、満足いかなければどんどん乗り換えていってもいいのではないでしょうか。

プロバイダの乗り換えを検討している人のほとんどが、回線が遅いとか安定しないとかそういう理由があると思います。

こういう回線速度の不安定性に不満足感をもっているお客様はGMOとくとくBBなどのようにv6プラスの接続技術をもっているプロバイダに乗り換えましょう。

公式のキャンペーンとプロバイダのキャンペーンがある

プロバイダの独自のキャンペーン以外にも、ドコモ光が公式サイトでやっているキャンペーンを同時並列的に受け取ることができます。

ドコモが公式サイトでやっているキャンペーンとしては、工事費が無料になるものと、ドコモ光セット割りという2つの割引があります。

ドコモ光のセット割り

まず一つ目にドコモ光のセット割りというものがありますが、これは大変お得な割引キャンペーンとなっていて、ドコモの携帯をもっていると、1100円以上割引になるというものです。

たとえばですが、家族3人が全員ドコモの携帯を持っていたら以下のような割引になります。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

上記のように、家族みんながドコモユーザーだったら、ドコモ光を導入したらかなりお得になることが一目瞭然ですね。

ドコモ光の工事費が無料になる

ドコモ光セット割りにくわえて、工事費無料キャンペーンというものもあります。

ドコモ光の工事費はマンションと一軒家で違いますが、約15000円から2万円くらいが無料になります。

以上のようなことから、ドコモ光1ギガを新規に契約して、申し込みから7ヶ月以内に利用開始をすると、本来であったら2万円くらいかかる工事費が無料になります。

ですが、NTT回線を現時点で利用している人は、キャンペーンを使わなくても、工事費無料で使用することができます。

ドコモ光の質問など

ここまではドコモ光の回線についての仕組みや、お得なプロバイダなどについて解説してきましたが、最後によくある質問をまとめてみたので、是非ご覧ください。

ドコモ光でゲームに適したプロバイダはありますか?

ドコモ光でプレステなどのゲームを快適にやりたいときは、ドコモ光の回線速度をマックスで活用できる、v6プラス接続に対応しているプロバイダを選ぶことが肝要です。

通信速度の評判がよくて、v6プラスにも対応しているWi-Fiルーターを無償で提供しているGMOとくとくBBが一番おすすめです。

プロバイダがv6プラスの接続方式になっているところは、スマートな接続ができるので、快適なネットライフを送れると思います。

引っ越しするときはプロバイダへの連絡も必要ですか?

ドコモ光のサービスを引っ越す場合には、プロバイダに特別に連絡を入れる必要性はなくて、ドコモ自体のお客様サポートセンターから手続きを完了させることができます。

また他にも、ドコモ光から移転の手続きをすると、ポイントがもらえるので、こういったサービスも積極的に活用していきたいところですね。

引っ越し先においては回線工事が必要な場合もありますので、手続きは1ヶ月くらい前からしておきましょう。工事費は別途必要になります。

ドコモ光のサービスに地デジやBSなどは含まれますか?

ドコモ光のテレビオプションをつけると、アンテナがいらずに無料のBS放送を楽しむことができますし、4K放送も見れます。

ドコモ光の月額料金にくわえて、毎月825円がかかるほか、オプションでスカパーや有料チャンネルを見ることもできます。

NTTのひかり電話をドコモ光の電話に転用する場合の手続き

光電話をドコモの光電話に転用するときは電話番号が継続という形になります。

なお、ドコモ光の回線契約と、光電話の契約を同時申し込みすると、工事費用はかかりませんのでお得になります。

契約したあとにプロバイダのみを変更することはできますか?

もちろん、ドコモ光を契約したあともプロバイダの変更はできるようになっています。プロバイダの変更はカスタマーセンターから行いましょう。

ですが、プロバイダの変更には事務手数料約3000円がかかります。プロバイダの違いによってドコモ光自体の基本料金も変わったりするので注意しましょう。

すでに光回線があれば工事不要

作業員の工事がなくて、ドコモ光に申しこんで、ドコモ光を開通させるためには、以下のような理由があります。

auひかりやソフトバンク光などからドコモ光へ転換したときは、光回線がすでに自宅に引き込まれているので工事が不要になります。

こういった場合には、すでに自宅に導入されている光ファイバーにドコモ光を接続することができるんです。

派遣なしで工事を完了する場合でも、手数料として2200円が必要になるので注意しましょう。